免疫力を下げない①

最終更新: 3月18日

こんにちは!整体院パトマ CHIKOです!

過日、「食の安全セミナー」に参加してきました(*´▽`*)



コロナウィルスの出現以来、

「マスク、薬、ワクチン、そんなことをワーキャー言う前に何よりも大切なのは自己免疫

と、家族友人クライアント様に言い続けている私。

どんなウィルスが入ってこようが自分の免疫がしっかり働いてくれれば罹患せずに済む、

もしくは罹患しても軽症で済むのです。




✔必要以上に不安にかられたり神経質になって過大なストレスを抱えてしまったり

✔必要以上に殺菌殺菌とごしごし手を洗いきっついアルコールで殺菌して大切な免疫器官である「皮膚」をボロボロにしてしまったり

✔マスクをし続けることによって口呼吸になり、口腔内が乾いて唾液の分泌が減ってしまうことになり、かえって防御機能が働かなくなったり

挙げればキリがないのですが、何が言いたいかというと、

あまりに情報に踊らされるが故に「かえって免疫下げてるやん!」っていう事態になってませんか?

ということなんです。


重ねて言いますが、大事なのは自己免疫です。

人間の身体は食べるもの、日々の生活習慣(運動や日常の過ごし方)、考え方で出来ていると思っています。

朝起きたらカーテンを開けしっかり太陽を浴び、

軽い運動をして、

健康的な考え方をして

極力正しい姿勢で過ごし

健康的な食事をして

そんな一日を過ごし、

夜はぐっすり眠る

それで病気になると思いますか?

そうではないことをしているから心と身体が悲鳴をあげて色んな症状を出して私たちに訴えてくれているのが「病気」なんです。

(もちろん病気の原因はそれだけではなく遺伝的なものもあったりするでしょうが)

ウィルスをどうしようもない悪者のように言っていますが、私達の身体は菌やウィルスと共生して生きています。

直接的ではなくとも人間の役に立つウィルスがあると言われている方もいます。

善玉菌や悪玉菌などとも言われるように、ヒトの身体には菌がいます。

菌なしには生きることができません

体の中だけでなく皮膚にも「常在菌」がいます。手にも顔にもいます。

悪さをしてニキビを作ってしまう菌もあったりしますが、多くは守ってくれているんです。

『あなたの体は9割が細菌』なんて本もあります。

だったら、せっせせっせとアルコールで除菌除菌なんてやり続けるとどうなるのでしょう?


先述しましたが、ヒトの皮膚も立派な免疫の要。

そこに住む常在菌をアルコール除菌で消毒しまくり、やりすぎて肌荒れしてむき出しになった皮膚ってどうなると思いますか?

そこから菌が侵入してきませんか?

そちらの方がよっぽど怖いと思います。


さて、食の安全セミナーのお話ですが長くなってきたので続きはまた次回に(;^ω^)

🍀お知らせ🍀 ※コロナに関する対応についてですが ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 新型コロナウィルス対策ために、 整体院パトマではこのようなことに取り組んでいます ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ ・手指消毒シート及びアルコールジェルを配置 ・トイレ使用後にアルコール消毒 ・こまめな手洗い ・定期的な換気

・お一人様毎タオル等の交換

・手が触れる箇所の除菌 ・マスク着用 ・加湿 ※フィトンチッド(殺菌作用の強い)のアロマ使用 ・皮膚についても安心な酵素入り除菌スプレー使用 等々・・・ ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 皆様に安心していただけるよう努めております。 何卒宜しくお願い申し上げます。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示