ところで、あなたはセロトニンとオキシトシンってご存じですか?
【セロトニンは自律神経を調整する指揮者の役割】
セロトニンは巷では「幸せホルモン」と呼ばれている、脳の神経伝達物質です。
脳の中には「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」というストレスに深く関わる脳内物質がありますが、それらの物質が過剰なストレスにより暴走を始めると、自律神経のバランスが保てなくなり、頭痛や肩こりから始まり、どんどんエスカレートすると拒食症、過食症、うつなど、様々な症状を引き起こします。
その暴走を止め、バランスを整えてくれる指揮者のような役割をしてくれるのがセロトニン。